btn_headr_menu

機能訓練指導員をめざそう 機能訓練指導員をめざそう

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 柔道整復科
  4. 機能訓練指導員とは

柔道整復科なら卒業後の進路がたくさん! 介護・福祉業界で活躍する先輩が増えています。

日本工学院北海道専門学校・柔道整復科では、接骨院や整形外科、スポーツ施設など幅広い業界に、毎年多くの卒業生を送り出してきました。そして今、介護・福祉業界からの"機能訓練指導員"を求める声の高まりに対応して、福祉関連の知識・技術修得を充実。学科では具体的な実技指導を行い、その上で校外での体験実習にも取り組み、機能訓練指導員として活躍するためのスキルを身につけるためのカリキュラムを強化しました。インターンシップへの参加などで、実際の仕事の雰囲気を感じるとともに他職種との連携を学ぶことで、即戦力を養っていきます。

「機能訓練指導員」とは…

    

高齢者の方が健康で自立した生活を送るための「機能訓練」のお手伝いをする仕事です。

主に介護施設やリハビリテーション施設などで、加齢による筋力低下の予防などを目的としたストレッチ運動の指導やマッサージを行います。特別養護老人ホームでは、この専門スタッフを1人以上配置することが法的に義務づけられているほど重要な存在です。歩くのに少し不安があるという程度の方が通うリハビリテーション施設から、寝たきりの方もいる老人ホームまで、活躍の場はさまざま。そうした現場では、筋力・身体機能の維持訓練はもちろんですが、利用者同士のコミュニケーション促進にも"機能訓練指導員"は一役買っているようです。高齢化社会にあって、高齢者の孤立といった問題もクローズアップされる中、この仕事は今後、さらに需要が高まること間違いなしでしょう。

介護・福祉業界大注目の
「機能訓練指導員」の魅力

魅力1 看護師・介護福祉士・ケアマネージャーとの連携プレー

介護・福祉の現場では、各プロフェッショナルがチームを組み、対象者に合った効果的なプログラムを提供するようになっています。柔道整復師は骨折やねんざ、関節の痛みなどの専門家としてこれに参加します。利用者のそばに寄り添う、現代の"医療・福祉チーム"に欠かせない大切なメンバーです。

それぞれのプロが連携それぞれのプロが連携

魅力2 地域密着!地元の方を笑顔に!

高齢化の進む現在では、高齢者の方を対象にした通所型の施設が注目を集めています。簡単な運動やリハビリを通じて、利用者同士のコミュニケーションが促進され、友達の輪が広がるという二次効果が喜ばれているようです。笑顔を発信できる場所として、こうした施設が増え始めています。

地域密着

魅力3 感謝を実感できるよろこび!

ストレッチ運動の指導やマッサージによって、筋肉や関節の痛みがやわらいだり、歩く・しゃがむなどの日常動作ができたとき、相手から直接「ありがとう」の感謝の言葉をいただく仕事です。人の役に立つ手応えたっぷりで大きなやりがいを感じられます。

感謝を実感できる

魅力4 元気と健康のサポーター

看護師、介護福祉士などをはじめ、多くの職員や利用者が集まって、和気あいあいとした雰囲気の現場がほとんどです。高齢者と接する機会の多い"機能訓練指導員"にも明るく若く元気な人材が強く求められています。

わきあいあいの職場

魅力5 圧倒的な求人数

急激な社会の高齢化に伴い、入所型の老人ホーム、通所型介護施設ともに増加しています。そんな中、リハビリ・ストレッチ運動の指導もできる"機能訓練指導員"の求人数も年々右肩上がりで伸びているのです。

いま大注目の職場です

Message from OB・OG

利用者の笑顔がやる気の原動力。人とのふれあいが嬉しい仕事です。

入江 佳那さん(右)湧別高校出身
木村 祥生さん(左)森高校出身
きたえるーむ 勤務

入江さん…「ありがとう」と言っていただけると強くやりがいを感じます。専門職として信頼されるよろこびは大きいです。高齢化社会の中、この仕事がもっと認められるとうれしいです。

木村さん…"機能訓練指導員"として、マッサージやストレッチ運動の指導を専門に担当しています。明るくて笑いの絶えない職場なので、利用者の方と一緒に楽しみながら仕事ができています。

入江さん・木村さん

医療と介護をつなぐ存在として、この仕事に誇りを持っています。

佐藤 恒さん
函館大学付属有斗高校出身
特別養護老人ホーム 緑陽園 勤務

ストレッチ運動の指導やマッサージはもちろん、朝の声かけや簡単な介助など、いろいろと入所者のお手伝いをしています。医師によるリハビリが生活機能の回復なら、私の仕事は機能の維持・向上をめざすものです。どちらも大切ですよね。その両方をつなぐ存在として、医師(医療)や介護福祉士(福祉)と同様に強い使命感を持って頑張っています。

佐藤さん

柔道整復科から広がる未来!

機能訓練指導員"のほか、一般の方の健康指導からアスリートのトレーニングまで、運動に関する幅広いニーズに答える"トレーニング指導者"や、次世代の柔道整復師を育成する"柔道整復師専科教員"という道も開けます。本校の「柔道整復科」は、そうした広い進路を想定した、充実のカリキュラムを整えています。

めざす図

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

11/12() 19()  12/10() 16()

1/20() 28()  2/3() 25()  3/4 24() 25()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop