btn_headr_menu

2018年度学生募集 柔道整復科 3年制 2018年度学生募集 柔道整復科 3年制

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 柔道整復科

臨床現場やスポーツ分野で活躍できる柔道整復師に

少人数制による徹底した医療人教育で、豊かなホスピタリティとプロの柔道整復術を身につける3年間。けがのスペシャリストとして、リハビリテーション、スポーツ、福祉など幅広い分野で活躍できる柔道整復師・スポーツトレーナーを育成します。柔道整復の技術を密度の濃い授業で習得し、柔道整復師の国家資格合格をめざすと同時に、人と接する際の礼法や言葉づかいなども身につけ、柔道整復師としての素養を養います。卒業後は接骨院はもちろん、各種医療機関、介護施設、スポーツ施設、そして独立開業など、さまざまな進路へ進むことが可能です。

柔道整復科の学び5つのPOINT

POINT1
柔道整復師 国家試験合格へ向けた手厚いサポート 教育について
POINT2
道内・道外へ、柔道整復師として高い就職率!カリキュラムについて
POINT3
実習重視の教育が柔道整復術のプロを育成
POINT4
プロの講師が臨床現場で即戦力となる技を伝授 就職について
POINT5
基礎から学べる段階的カリキュラムで無理なくスキルアップ 施設について

就職 高い求人数と万全の就職対策で道内はもちろん、道外への就職も可能

各種医院やクリニックをはじめ、さまざまなエリアで優れた柔道整復技術を身につけたOB・OGが活躍中。道内はもちろん、道外からの求人も数多く、就職先は幅広く選択が可能です。それぞれが希望の進路を実現するために、講師やスタッフが親身にバックアップします。

就職決定率

めざせる職種
独立開業、接骨院、治療院、病院(整形外科やリハビリテーション科など)、老人保健施設、心身障がい者療育施設、スポーツトレーナー、ジムなどのスポーツ施設、福祉関連施設 など

過去3年間の主な就職実績

TAKEDA GROUP、GENKIDO、道北整骨院、重原整骨院、札幌あゆみ整骨院、TAKEDA GROUP、シー・エム・シー、テン十字接骨鍼灸院グループ、健美創、株式会社エスフェイズ、HSコーポレーション、ワイズケア、御料整骨院、ふるだて鍼灸整骨院、はなじり整骨院、ながさわ整骨院、岩井接骨院、三和整骨院、やまうち整骨院、クラシオン、青葉商事、新琴似中央病院、医療法人進和会旭川リハビリテーション病院、よしだみつぎ整形外科クリニック、医療法人社団仁生会西堀病院、医療法人社団慈弘会森クリニック、千歳佐藤整形外科医院、社会福祉法人緑陽会、社会福祉法人陵雲厚生会、小林病院、山本産業(きたえるーむ)、きたえるーむ旭川(石川工務店介護事業部)、ケア・トラスト ほか多数

資格 経験豊かな講師陣による手厚いサポートで国家試験対策も万全

国家試験合格は柔道整復師になるための必須条件。柔道整復科では3年間のカリキュラムの40%を試験対策にあて、徹底的に国家試験対策を行っています。経験豊かな講師陣が過去の試験内容などを詳しく分析。基礎から応用まで試験範囲を広く深くカバーするとともに、1年次の早い段階から模擬試験を実施。補講や特別授業など細かなサポートと、試験対策に集中できる環境で合格へと導きます。

合格者数

●認定資格 柔道整復師 (卒業時国家試験受験資格取得)

トレーニング指導者資格「JATI-ATI」資格が取れる!

JATI-ATI(JATI認定トレーニング指導者資格)は、一般人の健康維持・管理から競技スポーツに携わるアスリートのトレーニングまで、さまざまなニーズに応じて科学的根拠に基づいた運動プログラムを作成・指導できるスペシャリストであることを証明する資格です。北海道の柔道整復師系学科で、入学のみで受講できるのは日本工学院だけです。身体に関する幅広い知識はもちろん、トレーニングや栄養学などさまざまな分野の専門知識を養うことで、活躍できる場は大きく広がります。

合格者数

介護・福祉業界で活躍する訓練指導員への道

高齢者の方が健康で自立した生活を送るための機能訓練のプロ「機能訓練指導員」は今、介護・福祉業界で最も需要が高まっている人気の仕事。柔道整復科からも多くの先輩が介護・福祉の最前線で活躍しています。柔道整復科で機能訓練指導員の仕事をめざしてみませんか。

指導員バナー

指導員

教育 優れた講師陣による着実な実習教育がハイレベルな医療人を育成します。

段階型カリキュラムと少人数制教育で、着実にスキルアップ
少人数制による徹底した教育と、着実にスキルアップをめざす段階型カリキュラムで、医療人に必要なプロの技術とプロ意識、そして思いやりの心を養成。受験対策指導なども、個々の学生に合わせて行います。他学科の学生や教員とも交流を図れる総合専門学校ならではの特長を生かし、幅広い社会性や倫理観が身につくのも柔道整復科の特色です。

授業

プロのスキルを実践的に学ぶ、産学連携授業を多数実施
プロによる指導で、柔道整復のプロスキルを実践的に学ぶため、企業との連携による実践的な授業を多数設置しています。山本産業株式会社「きたえるーむ」との連携授業では、機能訓練指導員が医療面接や機能訓練方法について講義と実習を展開。機能訓練指導員としての柔道整復師の役割について実践的に学ぶことができます。

産学連携

治療院からも評価される包帯技術を徹底指導

柔道整復の現場で必要な技術を豊富な実習時間でしっかり学ぶことで、卒業生は就職先で高い評価を得ています。

講師陣
現場経験豊かな講師陣が実技実習を担当
実技演習
3年間で約430時間と圧倒的に多い実技授業
反復練習
何度も実技の復習を行う時間を強化
設備・環境
実技室の解放や実技に必要な素材(包帯セット)など自主的に練習を行うことができる環境

講師 最新の設備と、優秀な講師陣による実践教育

柔道整復科の講師には、ロンドン五輪ボクシング日本代表の専任トレーナー・佐藤義裕先生をはじめ、第一線で活躍中のプロがたくさん。最新の医療機器を完備した臨床実習室での実践指導や、スポーツトレーナー講座、超音波画像観察装置講座といった、現場のニーズに合わせた多彩な講義を中心に、臨床現場で即戦力となる知識・技術を身につけ、ワンランク上の柔道整復師を育てます。

講師

カリキュラム ステップ式のカリキュラムで柔道整復師の技術習得、国家資格合格を実現

柔道整復科では、柔道整復の技術とともに、人と接する際の礼法や言葉づかい、社会人としてのマナーや常識、コミュニケーション能力も合わせて習得することができるカリキュラムを用意しています。学生一人ひとりに合わせた 段階式の教育スタイルを採用しているので、無理なくスキルアップすることができます。柔道整復師として活躍するための知識と技術、資格と人間性を習得して、柔道整復師としてのデビューをめざしましょう。

カリキュラム

  • ●医師が教える授業 本科では現役の医師が解剖学や生理学、運動学、病理学、リハビリテーション医学、一般臨床医学、外科学といった基礎医学を直接指導。専門的な知識を実際の現場に即した形で学ぶことができます。 医師が教える授業
  • ●介護福祉系 本科には介護福祉に特化した選択授業があり、3年次にはデイサービス施設との連携授業を実施しています。介護福祉現場で働く機能訓練指導員(柔道整復師)から直接技術を学ぶことができ、介護保険制度や運動療法、マッサージなどが習得できます。 介護福祉系
  • ●スポーツ系 日本トレーニング指導者協会の認定トレーニング指導者(JATI-ATI)養成校に認定されている本科では、2年次から選択科目としてトレーニング指導者の知識や技術が習得可能。3年次には「柔整スポーツ医学」でスポーツに関わる外傷についても学べます。 スポーツ系

1年次

前期
学習目標
基礎力養成 柔道整復学の基礎、包帯法や柔道の基本を学び、柔道整復師の仕事を理解します。また、医療人として大切な挨拶や生活習慣、礼儀を身につけます。
専門力育成科目
  • ●解剖学(45時間)
  • ●生理学(45時間)
  • ●基礎柔道整復学総論(45時間)
  • ●柔道整復実技(90時間)ほか
資格対策

●認定実技審査対策(包帯・テーピング固定法)

後期
学習目標
基礎力養成 からだの構造や働きを理解し、基礎医学の知識を深めます。また、包帯固定法の応用と基本包帯法を強化します。
専門力育成科目
  • ●心理学(30時間)
  • ●スポーツ概論(30時間)
  • ●柔道(30時間)
  • ●柔道整復実技(90時間)ほか
資格対策
●国家資格対策(解剖学・生理学)
●認定実技審査対策(固定の復習・柔道)

2年次

前期
学習目標
専門分野強化 疾病や障害の特徴など専門基礎分野を学び、整復法・固定法・検査法の基礎実技を習得します。
専門力育成科目
  • ●病理学概論(30時間)
  • ●一般臨床医学(30時間)
  • ●スポーツ障害概論(30時間)
  • ●柔道整復実技(90時間)ほか
資格対策
●国家資格対策(専門基礎分野・専門分野)
●認定実技審査対策(整復法・固定法・検査法・柔道)
後期
学習目標
基礎力養成 運動学や消毒法などの専門分野を学び、基礎実技を強化します。また、整骨院や整形外科などの現場見学を通じ、柔道整復師の仕事の理解を深めます。
専門力育成科目
  • ●整形外科学(30時間)
  • ●基礎救急法(30時間)
  • ●臨床柔道整復学(60時間)
  • ●柔道整復実技(90時間)ほか
資格対策
●国家資格対策(専門基礎分野・専門分野)
●認定実技審査対策(整復法・固定法・検査法・柔道)

3年次

前期
学習目標
応用力と国家資格対策の強化 具体的な外傷の施術(治療)やリハビリテーションの方法を習得し、状況に応じた施術を理解します。また就職試験対策として面接のポイントや履歴書の書き方も学びます。
専門力育成科目
  • ●臨床実験・演習(45時間)
  • ●柔整スポーツ医学(30時間)
  • ●臨床柔道整復学(90時間)
  • ●柔道整復実技(90時間) ほか
資格対策
●国家資格対策(過去問題の傾向や模擬試験)
●認定実技審査対策(復習と模擬審査)
後期
学習目標
応用力と国家資格対策の強化 柔道整復師国家試験対策を強化し合格をめざします。また臨床現場でのコミュニケーション能力も強化します。
専門力育成科目
  • ●解剖生理学演習(30時間)
  • ●医学演習(30時間)
  • ●柔整医学演習(30時間)
  • ●柔道(30時間) ほか
資格対策
●国家資格対策(国家試験に向けての追い込み)
●認定実技審査対策(認定実技審査に向けての追い込み)

主な授業内容

  • ●柔道 認定実技審査に向けた強化と心構えや礼法などを身につけます。 柔道
  • ●柔道整復実技 包帯学や治療に欠かせない材料の使用法の基礎を学びます。 柔道整復実技
  • ●基礎救急法 基礎的な一次救命措置を修得します。 基礎救急法
  • ●臨床柔道整復学 部位別の具体的な外傷の治療方法を学びます。 臨床柔道整復学

施設 プロ仕様の充実した施設で学べます

柔道整復師としての確かな知識、技術、人間性を磨くには、実際の現場と同様の設備で学ぶことが最良の方法。柔道整復科ではこの考えから第一線の現場と遜色のない機材、設備を整えました。この充実した環境で、豊富な臨床実習を行いながら即戦力の柔道整復師にふさわしい臨床能力を身につけます。

実技実習室

柔道整復師として、脱臼や骨折の治療に必要な施術方法を学びます。

実技実習室

トレーニングマシン

じん帯や腱の施術後に行う関節可動域訓練や運動療法などのリハビリテーションを学びます。

トレーニングマシン

武道場

国家試験の実技科目である柔道実技を学ぶ専用施設です。

武道場

日本工学院北海道専門学校附属施術所

実際の治療院と変わらない設備を完備。即戦力を磨きます。

日本工学院北海道専門学校附属施術所

Message from OB・OG

吉田
患者さんが元気になる姿が一番のやりがいにつながる。

吉田 明日香さん
札幌あゆみ整骨院 北郷院 院長
本別高校出身

日本工学院で学んだ3年間は、とても充実していて楽しく、あっという間に過ぎた感じです。さまざまな専門知識や、包帯技術など施術のためのプロスキルといった、授業で学んだすべてが、現場での対処や患者さんへの説明などさまざまな場面で実際に役に立っていることを実感します。接骨院で柔道整復師として働き始めて4年。昨年4月には院長になったため、患者さんを診るだけでなく、院のスタッフ管理も行っています。院長としてのプレッシャーは大きく、緊張感もありますが、治療やコミュニケーションを通じて、痛みを訴えていた患者さんが目に見えて元気になっていく姿に、「力になれた」という喜びと達成感、そしてやりがいを感じます。これからも明るく親しみやすい院をめざしながら、私自身どこに行ってもどんな環境でも活躍できる立派な柔道整復師へと成長していきたいと思います。

EVENT & NEWS

学科BLOG

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

11/12() 19()  12/10() 16()

1/20() 28()  2/3() 25()  3/4 24() 25()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop

>