btn_headr_menu

2018年度学生募集 情報処理科 2年制 2018年度学生募集 情報処理科 2年制

  1. 日本工学院北海道専門学校TOP
  2. 学科紹介
  3. 情報処理科
  4. ITコース

IT系国家資格を取得して、情報処理のエキスパートをめざす

システム開発力とIT系資格を合わせ持つ、業界の求める情報処理技術者を育成するITコース。情報処理技術者試験などのIT系国家資格の取得を第一に、CiSCO CCENT/CCNAやORACLE MASTER、Java認定資格などの重要資格取得をサポート。また、プログラムの基礎からシステム開発まで、プログラマやシステムエンジニアに必要となるスキルをステップアップ式の授業でしっかりと身につけます。めざすは確かな資格と技術を併せ持ち、業界の求めるソリューション力(問題解決能力)の高いプログラマ、SE(システムエンジニア)。ITコースの就職決定率は100%(2015年度)を誇ります。

教育 ステップアップ式の授業で、プログラマやシステムエンジニアを育成。

■独自のカリキュラムで国家資格取得をめざす

国家資格取得をめざす

J検、基本情報技術者試験の対策をカリキュラムに導入。1年次での合格をめざします。情報処理科は独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)からの認定により、指定の講座を履修して修了試験に合格すると、国家資格「基本情報技術者試験」の午前試験が免除されるため、有利に取得が可能です。また、さらに高度な資格をめざし、シスコなどベンダー資格にもチャレンジします。

■ステップアップ式の授業で、プログラマやシステムエンジニアを育成。

プログラマやシステムエンジニア

資格取得をめざすライセンス科目だけでなく、プログラマやシステムエンジニアをめざす実践的な科目も充実。プログラムの基礎から学ぶステップアップ式の授業で、プログラマとシステムエンジニアに必要なスキルを身につけていきます。楽しみながらプログラミングを理解することを主軸にプログラミングロボット教材「LEGOマインドストーム」を使用した導入教育を展開するなど、初心者が安心してスキルアップすることができるカリキュラムが充実しています。

[企業連携]プロジェクトチーム「System AcT(システムアクト)」発足

システムアクト

「System AcT」は、情報処理科の学生で結成したシステム開発チーム。「AcT」はAvail(価値)、Create(創造)、Technology(技術)の略したものです。実際の企業と同様に、教員がプロジェクトマネージャー、学生がシステムエンジニア、プログラマになって、地元のホテル宿泊管理システム構築のプロジェクトが進行中。ホテルの方との打ち合わせや、会計システムや業務管理システムなど、ホテル全般のシステム構築を行うので、実際のIT業界で働くときに必要な、多くの経験とスキルを身につけることができます。

資格 2016年度 資格取得実績

日本工学院独自の資格対策プロジェクトで、毎年多くの学生が資格試験にチャレンジ。2016年度も多くの成果をあげています。

国家資格(経済産業省)
情報処理技術者 計19名合格
 
応用情報技術者 2名合格
基本情報技術者 17名合格
情報検定情報システム試験
システムデザインスキル 21名合格
プログラミングスキル 18名合格
基本スキル 26名合格
その他の取得可能資格
Java認定資格、Microsoft Office Specialist、Cisco CCNET/CCNA、ORACLE MASTER、ビジネス能力検定(B検)ジョブパスなど

取得目標資格

国家資格 基本情報技術者/応用情報技術者
ITパスポート
ベンダー資格

●Java認定資格(オラクル認定Javaプログラマ)

●Microsoft Office Specialist/Microsoft office Master

●ORACLE MASTER(日本オラクル認定資格)

●CiSCO CCENT/CCNA

情報活用検定(J検)
情報活用検定(J検)情報システム 基本スキル、プログラミングスキル、システムデザインスキル、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス、日商PC検定/筆記検定

IT資格特待生制度

日本工学院では、下記の対象学科入学前に本校が指定する資格を「IT系資格特待生」として認定。入学金相当分または一部を給付します。詳細は入学広報室までお問い合わせください。

採用学科: 情報処理科(IT・ビジネスコース)
採用人数: 該当者全員
特待生A: 基本情報技術者試験合格者 … 給付金20万円支給
特待生B: ITパスポート試験合格者、 情報処理検定1級(ビジネス情報・プログラミング部門)合格者、 情報技術者検定1級合格者… 給付金10万円支給
お問い合わせ: info@nkhs.ac.jp

カリキュラム 段階式カリキュラムで資格、ITスキル、社会人基礎力を無理なくスキルアップ

IT系国家資格の取得を中心に、プログラミングなどのITスキル、そして社会人として必須のビジネスマナーや常識、コミュニケーション能力の習得までも組み込まれたカリキュラム。ITコースでは、段階式のカリキュラムで基礎から学生一人ひとりの理解度や習熟度に合わせて無理なくスキルアップすることが可能です。就職・社会人デビューに向け、知識と技術、資格と社会人基礎力をしっかりと身につけましょう。

1年次

前期
学習目標
IT入門 パソコン操作の基礎や情報検定対策を通じてプログラミングの基礎を習得。また、一般的なマナーやコミュニケーション能力などのヒューマンスキルを育成します。
専門力育成科目
  • ●パソコン演習(45時間)
  • ●情報システム構築理論(45時間)
  • ●アルゴリズム(45時間)
  • ●ヒューマンスキル(45時間)ほか
資格対策
  • ●情報検定 情報活用試験1級・2級・3級
  • ●基本情報技術者試験
後期
学習目標
IT基礎 プログラミングの基本的な考え方やコンピュータ言語を学び、システム設計に必要な知識・スキルを習得する。またグループワークを通してコミュニケーション能力の向上を図ります。
専門力育成科目
  • ●アルゴリズム演習(30時間)
  • ●Java1(45時間)
  • ●J検情報システム対策(45時間)
  • ほか
資格対策
  • ●情報検定 情報システム試験
    (基本スキル)
  • ●情報検定 情報システム試験
    (プログラミングスキル)
  • ●基本情報技術者試験
 

2年次

前期
学習目標
IT開発 プログラムの考え方をさまざまな場面で応用できるシステム構築技術を習得。また、企画・プレゼンテーション能力などのビジネススキルを育成します。
専門力育成科目
  • ●アルゴリズム(90時間)
  • ●Java2(90時間)
  • ●データベース設計(45時間)
  • ●国家資格対策(90時間) ほか
資格対策
  • ●情報検定 情報システム試験
    (システムデザインスキル)
  • ●基本情報技術者試験
  • ●応用情報技術者試験
後期
学習目標
IT研究 グループ制作を通してシステム設計、構築、運用スキルの向上を図り、プロジェクトの一員としての責任、協調性を身につけます。
専門力育成科目
  • ●ネットワーク構築(45時間)
  • ●オブジェクト指向プログラミング(45時間)
  • ●卒業研究(90時間) ほか
資格対策
  • ●基本情報技術者試験
  • ●応用情報技術者試験
  • ●Java認定プログラマ

主な授業内容

  • ●アルゴリズム演習 プログラムの目的や有用性を確認し、プログラムを組み上げる楽しさを学びます。 img_sec_curriculum1
  • ●J検情報システム試験対策 情報検定 情報システム試験の対策をし、試験突破の実力を身につけます。 img_sec_curriculum2
  • ●アルゴリズム プログラム作成の考え方、流れ図を作成し、それをベースにしてプログラムを作成します。 img_sec_curriculum3
  • ●卒業研究 2年間の学びの集大成として、個人・グループで卒業作品を完成させます。 img_sec_curriculum4

Message from OB・OG

立山さん
学生時代に培ったスキルとコミュニケーション力が今の仕事に活きています。

立山圭吾さん
日鉄住金テックスエンジ株式会社勤務
室蘭栄高校出身

私の現在の仕事は、工場内設備の設定・制御、システム製作など。設計・保守の高い総合力が求められる職場ですが、日本工学院北海道専門学校で学んだC言語や基本・応用情報処理技術者試験対策の学習が業務に直結し、今の仕事に役立っていることを感じます。自製した機能が正常に稼働し、コストメリットなどの効果を上げた時には実にやりがいを感じます。必要な知識やスキルは多々ありますが、なにより職場で大切なのはコミュニケーション力。学生時代に友人や先生とのコミュニケーションで培ったヒューマンスキルは大きな財産となっています。これからは不具合ゼロ、工程遵守などの成果を上げて、誰からも頼られる人に成長したいです。

就職 万全の就職サポート体制。学内企業説明会を開催

本校の就職サポート体制のひとつに、学内での企業説明会があります。多くの企業が来校し、本校の学生に対してだけの説明会を開催しています。業界の話や仕事内容、求める人材などの情報を人事担当者から直接聞くことができ、なかには学内で面接試験も実施する企業もあり、このような機会を利用して就職内定に結び付けています。このように万全の就職サポートを行うことで、毎年安定した就職実績を築いています。

就職決定率

めざせる業種
コンピュータ関連企業、ソフトウェア関連会社、メーカー開発部門、インターネット業界、ゲーム業界、公務員、ネットワーク関連企業、一般企業 など
めざせる職種
情報処理技術者、プログラマ、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリテイエンジニア、プロダクトマネージャー、Webプログラマ、ゲームプログラマ、システムマネジメント、アプリケーション・ソフトウェア開発技術者 など

主な就職先・進学先

旭情報サービス、アド、ウインズ、エイティング札幌スタジオ、エクスデザイン、エコス北栄、サンウェル、シーエスアイ、トッパンメディアプリンティング北海道、トランスコスモス・テクノロジーズ、日鋼情報システム、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、日本デジタルデザイン、日本プレースメントセンター、ニューコン、ネットサービス・ソリューションズ、パブリックリレーションズ、ハートビット、明円ソフト開発、メガ・テクノロジー、ワンオールシステム、CTCシステムマネジメント、DMM.com OVERRIDE、SOC、Nurinubi、MUTAN ほか多数

国立大学編入講座

■情報処理科に大学編入コースが誕生

室蘭工業大学3年次編入(推薦)を考えている学生のために、編入学試験対策講座を実施。豊富な過去データに基づいた試験ノウハウが、16年連続で合格者を輩出している本校の強みです。また、情報処理科では平成16年4月より大学編入コースを設置。より大学編入に特化したカリキュラムを展開し、多くの大学編入者を送り出します。
●共通科目対策下記共通科目を1年間かけて学びます
基礎中国語、中国会話、基礎英会話、英会話、保健体育理論
●面接・口頭試問対策2年次の5月から約1ヵ月間、編入試験集中講座を実施します。放課後などを利用して1回2時間の講習を行います(全12回)。

大学編入コース

img_sec_license2

■東京校のITスペシャリスト科(4年制)3年次への編入

情報処理科を卒業後は、東京校(蒲田キャンパス・八王子キャンパス)に設置しているITスペシャリスト科(4年制)の3年次に編入でき、より高度な資格やマネジメント能力を習得することができます。ビジネススキルやITスキルなど企業が求めるスキルを、さまざまな体験型授業を通して身につけます。東京のIT業界の先端企業にも就職も可能です。

施設 ITを学ぶ充実の学習環境

高性能マシンで快適にプログラム開発・ソフト開発の実習を行うことができるITラボでは、Microsoft Office Specialist(MOS)・日商PC検定などの認定試験会場になっているため、随時この実習室で受験することができます。また、PCラボでは机に電源コンセントが備え付けられているので、学生個人のノートパソコンを使って授業を受けることができます。さらに大型スクリーンとプロジェクタも完備しています。

ITラボITラボPCラボPCラボ

  • 学生寮
  • 進学資金サポート

オープンキャンパス+体験入学 オープンキャンパス+体験入学

開催日程

10/22()  11/12() 19()  12/10() 16()

1/20() 28()  2/3() 25()  3/4 24() 25()

日本工学院北海道専門学校では、各学科の体験実習や、最新の施設・設備、学生寮、進学資金のことがよくわかるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。自然豊かな教育環境をぜひ、その目で確かめてください!

無料で資料をお届けします。

日本工学院北海道専門学校について詳しく紹介した資料、日本工学院北海道専門学校への入学募集要項など入学に必要な資料をお届けします。(無料進呈)

資料請求はこちら

日本工学院北海道専門学校 登別キャンパス

〒059-8601 北海道登別市札内町184-3

入学についてのお問い合わせ0120-666-965

pagetop